<2022年>首元のポツポツがつるん!?
最新クリーム徹底比較

酵素と健康効果の関連性とは?

酵素は、生きていく上で必要であると言われます。それでは、酵素と健康効果の関連性をご紹介します。酵素には、体内にある消化酵素や代謝酵素、また食材から摂取をする食物酵素があります。またそれぞれの酵素にもいくつもの種類があり、体には必要な働きをしているのです。

消化酵素と健康の関連性

消化酵素とは、でんぷんをブドウ糖に分解する酵素、たんぱく質をアミノ酸に分解する酵素、脂質を分解する酵素にわかれます。

また他にも、吸収した栄養素を使いエネルギーに変えたり、有害物質を尿に変えて対外に出したりするなど、消化酵素は健康を維持するために様々な要素で係っているのです。

そのため酵素が足りなくなってしまうと、体の調子が悪くなることにつながります。体の中で酵素は合成されるのですが、年齢が進むにつれて酵素を作るのが難しくなってくるため、だんだん消化や代謝をすることが難しくなります。

食べたものを消化するには、多くの酵素が必要となるため年をとるにしたがって、暴飲暴食は健康を害することにつながるのです。

代謝酵素

食べ物を消化の補助をするのが消化酵素であれば、代謝酵素は栄養を体中に届けて新陳代謝を促します。このことにより、免疫力を高め、呼吸などの人間が必要な行動へとつなげているのです。

人間は本来、生まれながらに自分をウイルスなどから守る力を持っています。しかし免疫力が下がってしまうと、風邪などの病気にかかりやすくなります。まして年齢とともに免疫力は下がっていくため、年齢がいくとともに病気になりやすくなります。

そこで酵素が必要となってくるのです。

食物酵素

血液を循環させているのは、食物酵素の力です。そのため、酵素を含む野菜や果物、納豆などの発酵食品が足りなくなると血液の循環が悪くなり、体調の悪化など悪循環になってしまうのです。

現代ではさまざまな生活習慣病があります。様々な原因があるのですが、酵素不足であることも一つの大きな原因でしょう。しかし食生活を考えるだけで、効率的に酵素を摂取することが可能となります。

人間の体を病気やウイルスから守っている要素の一つが酵素です。また酵素は、人間が呼吸をしたり、思考をするなど、日常の動きをサポートしたりしているのです。そのため酵素は人間の生活や健康にも大きな関連性があります。

生活習慣病も、酵素不足であることがいわれています。そのため、健康を考えるのであれば、酵素に関して考える必要があるといっても過言ではないのです。

参考資料

健康長寿ネット

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/koso-kenko.html

日本自然発酵

https://www.nshk.jp/realize/

一覧を見る

コラム