<2022年>首元のポツポツがつるん!?
最新クリーム徹底比較

酵素洗顔のメリットとデメリット

透明感のある白い肌は、女性なら一度は憧れるものですよね。そんな女性の味方として、話題になっているのが「酵素洗顔」と呼ばれる酵素を使った洗顔です。ここからはそんな酵素洗顔のメリットやデメリットについてみていきましょう!

酵素洗顔のメリットとは?

酵素洗顔とは、酵素で顔の皮脂や角栓、角質などを取り払って、美しい透明感のある肌にする手助けをしてくれるものです。例えば、古い角質が顔の皮膚の上に残っている状態で化粧水や乳液などを浸透させたところで、あまり効果は期待できません。しかし、これらの確執を酵素洗顔によってなくすことで、それまでより化粧水や乳液などの基礎化粧品の浸透率が非常に高くなるという効果があります。

酵素にはタンパク質を分解する働きがあるため、古い角質を取り除くにはこの酵素洗顔がぴったりなのです。古い角質を取り除く以外には、毛穴の黒ずみやくすみも改善できる場合もあるのです。

万が一、化粧を落とさずに寝てしまった時や仕事が不規則で睡眠がとれなかった場合などは、毛穴に詰まった汚れを酵素洗顔で落とすことで、普通の洗顔よりも効果が出る場合があり、その後十分に水で酵素洗顔料を落とした後にすすぐとすっきりします。

夏のテカり・皮脂汚れには酵素洗顔が効果的!

もしも夏になると皮脂が気になる人がいたらテカりやすい鼻の部分だけでもタンパク質を分解してくれる酵素洗顔するだけで油が浮いてきて効果が出る場合があります。洗い方としては、Tゾーンを中心に目元は力を入れず、できるだけ皮脂の多い部分から洗うように心がけましょう。全体をまんべんなく洗うのではなく、皮脂が多い部分を中心に洗ってください。皮脂が気になる人は、鼻周辺のテカりが気になる場合が多いのでそこを重点的に洗うのがポイントです。

酵素洗顔のデメリットとは?

酵素洗顔をすると先ほどもご紹介したとおり、古い角質を取り除いてくれたり、お肌にとって嬉しい効果が期待できるのですが、効果を期待して毎日のように酵素洗顔をし過ぎてしまうと肌荒れの原因になったり、肌に必要な角質まで失うおそれもあります。そのため、酵素洗顔の頻度はとても大切です。あまりやりすぎると必要な角質を失うだけでなく、敏感肌の人や乾燥肌の人だと肌にかゆみや赤みがかった部分が出てしまい、肌荒れしてしまったりするので注意しましょう。

もしも肌トラブルになった場合は、使用を控えたり、乾燥肌の人はいつも以上に洗顔後の保湿を徹底しましょう。もしも何も改善が無い場合や、症状がひどくなる場合は病院で相談するのもいいでしょう。酵素洗顔で顔を思い切りこすってしまうと、酵素洗顔が角層の中に入ってしまったり、必要な角質までなくなってしまうおそれがあるので、こすり過ぎに気をつけましょう。

3~4日ごとの頻度で酵素洗顔を試してみよう!

目安としては3日~4日に1度くらいの頻度で酵素洗顔を試してみて、その後自分なりに丁度良い頻度に変えていくのをおすすめします。適度な感覚で、今後も酵素洗顔を続けていくことで、花の角質の黒ずみが目立たなくなったりすれば効果が出たということになりますので、その後も同じ頻度でメリハリをつけて洗顔を続けるのが良いでしょう。

酵素洗顔にはメリットとデメリットがあるため、正しい知識を取り入れ、どのようにすればデメリットのような症状を避けられるかを考えて酵素洗顔を使用し、自分の体に合ったものかをしっかりと判断しましょう!

出典:マイナビニュース「メイクを落とさないで寝ちゃった!緊急対処方法を医師に聞いた」取材協力:中村仁美 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

▼参考:https://news.mynavi.jp/article/20160927-a175/

出典:めるも「人気皮膚科医が教える!毛穴の目立たないTゾーンになる方法」よしき皮膚科クリニック銀座院長:吉木伸子先生

▼参考:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/3128516

出典:出典:MYLOHAS「やってはいけない洗顔の6つのNG行為」医師 慶田朋子先生

▼参考:https://www.mylohas.net/2017/06/063166basis.html

出典:出典:MYLOHAS「やってはいけない洗顔の6つのNG行為」銀座系スキンクリニック院長 慶田朋子先生

▼参考:https://www.mylohas.net/2017/06/063166basis.html

一覧を見る

コラム