<2022年>首元のポツポツがポロリ!?
最新クリーム徹底比較

食品から効率よく酵素を摂取する方法とは?

私たちの体内で作られる酵素は、年齢とともに減っていきます。

年齢を重ねるごとに「疲れやすくなった」「太りやすくなった」「胃もたれするようになった」などと感じるのは、すべて酵素が不足気味だからかもしれません。

酵素は、普段私たちが口にしている様々な食品にも含まれています。

しかしながら、酵素が含まれている食品をただ食べるだけでは、効率が良いとはいえません。

そこでここでは、食品から効率よく酵素を摂取する方法について紹介したいと思います。

一体どのようにしたら、効率よく酵素を補うことができるのでしょうか。

酵素の性質をチェック!

ウィキペディアに、以下のような文章があります。

多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されている。したがって、生体内での生成や分布の特性、熱や pH によって変性して活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。

引用元:ウィキペディア

引用元URL:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0

これはどういうことかというと、簡単に言えば酵素は「熱に弱い」ということ。

加熱処理をすることで、酵素の働きが失われてしまうのです。

つまり、いくら酵素が豊富に含まれている食品であっても、加熱してしまったらほとんど意味がないと言えるでしょう。

肉や魚にも酵素は含まれているのですが、肉や魚を生のまま食べることなどほとんどないですよね?

野菜や果物であっても、できるだけ生のまま食べることが鉄則なのです。

酵素を含む食品のおすすめの食べ方は?

酵素の特性が分かったところで、どうやって酵素を含む食品を食べれば、酵素を効率よく体内にとりこむことができるのか?を見ていきましょう。

ここでは、3つの食べ方を紹介します。

〈おすすめ①すりおろす〉

1つ目は、すりおろして食べるというもの。

大根や果物などは、すりおろしたりミキサーにかけてから摂取するのがおすすめです。

大根おろしは、薬味としても定番ですよね。

リンゴなどの果物も、すりおろしたりミキサーにかけてしまいましょう。

こうすることで野菜や果物の細胞壁が壊れ、酵素がオープンに働くことができるのです。

それだけでなく、すりおろしてしまえばたくさんの量を食べることもできますよね。

果物や野菜で作るスムージーは、酵素を摂取したいのならぜひ取り入れてみてほしいメニューです。

〈おすすめ②つけこむ〉

2つ目は、肉や魚を、酵素を含む食品につけこむというもの。

たとえば大根おろしやパイナップル、塩麹などに肉や魚をつけこんでおくのです。

そうすることで肉や魚が柔らかくなって食べやすくなるだけでなく、消化しやすくなるというメリットも!

さらにそれだけではなく、アミノ酸が作られることで旨味も増すと言われているんですよ。

消化が良くなって味も良くなるなんて、まさに一石二鳥ですね。

〈おすすめ③漬け物〉

3つ目は、野菜を漬け物にするというもの。

漬け物は、日本人の食卓に昔から並んでいた食べ物です。

漬け物には、酵素を生み出す微生物がたっぷりと含まれているため、効率よく酵素を摂取することができるのです。

普通に野菜を食べるよりも、漬け物にしたほうが栄養価も高まりますし、それだけで1つのおかずになりますよね。

漬け物は自宅でも簡単に作れますから、ぜひ好きな野菜を使って作ってみてください。

まとめ

食品から効率よく酵素を摂取する方法について、紹介しました。

酵素は様々な食品に含まれていますが、食べ方や調理方法によっては酵素を摂取できていないこともあるのです。

それでは、かなり勿体ないですよね。

せっかく酵素を意識しているのですから、効率よく摂取しなければ意味がありません。

ぜひここで紹介した方法を参考に、酵素を効率よく摂取していってくださいね。

一覧を見る

コラム